バックアップ・リストア・移行方法

データのバックアップ

bingo!CMSで制作されたサイトのバックアップ方法をご案内します

1. データベースのバックアップ

データベースのバックアップをするには以下2つの方法があります。
使用するツールに合わせて読み進めてください。

1-A. データベース管理ツール(phpMyAdmin、phpPgAdmin等)を利用する方法

※データベース管理ツールのバージョンによりインターフェースや、以下方法と異なる場合がございます。
※データベース管理ツールの使用方法につきましては弊社ではサポートを行っておりません。提供会社様へお問い合わせください。

phpMyAdmin、またはphpPgAdminといったツールがある場合は以下の方法でバックアップを取ることが可能です。以下ではphpMyAdminでの説明をしますが、phpPgAdminの場合も手順はほぼ同様です。

1. phpMyAdminにログイン後、ページ左「データベース」プルダウンメニューにてご使用のデータベースを 選択し、図の「エクスポート」タブをクリックします。
2. 次にエクスポート画面にて形式をSQL、そしてページ下部の「ファイルに保存する」にチェックを入れて実行します。ファイル保存ダイアログが表示されますので、適当なファイル名にて保存してください。
1-B. CLI(コマンド・ライン・インターフェース)を利用する方法

※CLIの使用方法につきましては弊社ではサポートを行っておりません。

CLIを利用する場合、以下のコマンドによりバックアップをとります。
・データベースがmysql又はmariadbの時 ※-pとパスワードの間にスペースはないので入力時にはご注意ください
mysqldump -u DBユーザー名 -pパスワード -h ホスト名 データベース名 > バックアップファイル名
・データベースがpostgresqlの時
pg_dump -U ユーザー名 データベース名 > バックアップファイル名

2. bingo!CMSファイルのバックアップ

FTPソフトを利用し、Webサーバー上のbingo!CMSがインストールされているファイル/ディレクトリを全てダウンロードし保存します。

以上でバックアップは終了です。

データのリストア

バックアップファイルからのリストア方法をご案内します

制作環境から公開環境にbingo!CMSで制作したWebサイトを移行する場合や、サーバー環境の移行時に設定ファイルのパスやデータベース内のURLを変更する必要があります。設定値が異なると閲覧できなくなりますので、以下の手順書に従って移行ください。

※データベースのバージョンが大きく異なる場合や、データベースが異なる場合(mysql→postgresql等)はリストア出来ない事がございます。
※バックアップやリストアに関してのサポートは行っておりません。ご自身で難しい場合は弊社で代行も承っております。詳細はフォームよりお問い合わせください。

Webサイト移行後、プレビューや公開画面のコンテンツが表示されなくなった場合の対処法

データベースのバージョンが移行前後で異なる場合や、データベースの移行に使用されたツールにより、データベースの内容が適切に移行されていない可能性があります。
例:tbl_page_tmpテーブルのpage_edate等、移行前にNULL又は空白の値が「0000-00-00」等と登録されてしまう。
まずは移行前と移行後のデータに差異がないか確認して頂き、移行前と同一となるよう適切にデータベースの修正を行ってください。

ページトップ